情報公開・個人情報保護

Information disclosure

情報公開

行政機関の保有する情報の公開に関する法律(平成11年法律第42号)により、国の行政機関の長に対して、その行政機関が保有する行政文書の開示を請求することができます。
また、警察庁の地方機関の長(中部管区警察局長)に対して、行政文書の開示に関する権限又は事務が委任されていますので、中部管区警察局では、当局の保有する行政文書に対してのみ、開示請求を行うことができます。
情報公開窓口に行政文書開示請求書を提出するか、郵送することにより、行政文書の開示請求を行うことができます。

個人情報保護

行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第58号)により、国の行政機関の長に対し、その行政機関の保有する自己を本人とする保有個人情報の開示、訂正及び利用停止を請求することができます。
また、警察庁の地方機関の長(中部管区警察局長)に対して、保有個人情報の開示等に関する権限又は事務が委任されていますので、中部管区警察局では、当局の保有する保有個人情報に対してのみ、開示請求等を行うことができます。
保有個人情報の開示請求等の手続については、個人情報保護窓口に保有個人情報開示請求書等を提出するか、郵送することにより、保有個人情報の開示請求等を行うことができます。

標準文書保存期間基準

問合せ先(情報公開・個人情報保護窓口)

窓口

中部管区警察局総務監察・広域調整部警務課

住所:名古屋市中区三の丸2-1-1

電話:052-951-6000(内線 2631・2632)

受付時間

月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)

午前9時00分~午後0時00分

午後1時00分~午後5時00分

新型インフルエンザ等対応業務計画